源から生きる、生き方革命 第11回 行動中毒〜「やること・仕事」で日常が溢れているあなたへ〜

いつ:
2019年6月13日 @ 8:00 PM – 10:30 PM
2019-06-13T20:00:00+09:00
2019-06-13T22:30:00+09:00
どこで:
オンライン(Web会議室Zoom)

「源から生きる、生き方革命」、第11回のテーマは「行動中毒」です。

「もう毎日毎日やることがたくさん!」
「全然仕事ややることが終わらない・・・」
「いつもスケジュールが空いていると予定を入れちゃうんだよね」
「ずーっと年がら年中動き回っている気がする」

そんな日常を過ごしている方は多いのではないのでしょうか。
日本人は特に本当に毎日忙しく過ごしていますよね。

なぜ人は「行動中毒」と呼ばれるくらい、毎日行動行動という状態になっているのでしょうか。

我々の中では一つの仮説があります。
それは「何か自分の中で見たくないもの、避けたいもの、痛み」があって、
それに触れないようにするため、回避のためにたくさん行動しているのではないか、
ということです。

同時に人は「痛みを回避するために」行動しているという自覚もなく、動き回り、

さらにそのやっていることは
「素晴らしいことをやっている」
「良いことをやっている」
「世のため、人のためにやっている」
「喜んで、楽しくやっている」
という風に思考では思っていて、だからこそ行動は止まることはない。

人間の消費活動もそうかもしれません。
もう我々の日常は豊かさで溢れているはずなのに、
なぜ人はこんなにも何かを購入し、消費し続けるのでしょうか。

消費活動だけではありません。経済活動も一人ひとりの日常の活動も、
活動「し過ぎている」、「浪費している」という風にも見えます。

どうして人間はこんなにも行動に駆り立てられるのでしょうか。
行動に駆り立てられる根っこには何があるのでしょうか。
どんな風に生きることが人間にとって生命にとって自然なのでしょうか。

今回は参加者一人ひとりの日常の行動を振り返り、対話しながら、
行動の奥にどんなものがあるのか、日々の自分の行動の”起点”はどこにあるのか、
を一緒に探究します。

行動を創り出している源につながると、どんな変化があるのか。
量からもたらされる効力感ではない、【豊かさ】を感じる生き方を、
みんなで模索したいと思っています。

詳細は以下です。

 

◆第11回 開催日時
2019/6/13(木)20:00〜22:30

 

◆開催場所
・オンラインシステム「zoom」を使ってLIVE配信をします。
当日使用するzoomのURLはpeatixで申込いただく際に記入いただくメールアドレスに送付いたします。

※zoomを使ったことない方へ
zoomは「スマホ」と「PC」から入れます。
・スマホでの登録・参加の方法はこちら

・PCでの登録・参加の方法はこちら

※本講座の動画はショート.verをCCCのHPで無料公開、フル.verをCCCオンラインショップで動画販売させていただくことを予めご了承ください。(映りたくない方は動画や音声をオフにするなどご自身で調整してください)
※当日参加できない方は「後日視聴」という形で、動画を視聴することができます。
※リアルタイムに参加頂いた方にも、後日録画動画は共有致します。

 

◆参加費
4,000円

 

◆本オンライン講座全体の目的・意図
“一人ひとりの源が変わる、世界が変わる。
自分の内側の真実につながり、その源から自己表現をして生きる。
あなたの生き方そのものがこれからの世界を創る”
という世界観を時間・場所を超えてお届けすることを意図しています。

 

◆本オンライン講座実施の背景と想い
CCCでは2016年に「☆☆から自由になるコミュニティ・ラーニング」と題して、
毎月オンライン講座を開講し、多くの方にご参加いただき、
また3年が経過した今でも多くの方にご購入・ご視聴いただいております。
何度か「また気軽に参加できるオンライン講座を開いて欲しい」
という声をいただきスタートしたのが本講座です。
2018年からCCCでは新しい基幹講座「Journey to the Source (JTS)」のプログラムが始まるなど、
「源から生きる」ということをテーマに場を開催して参りました。
JTSは継続講座として実施をしておりますが、この「源から生きる」という世界観をより手軽に、
そして地方や海外に在住の方、子育中の方、繁忙期の方などが自宅で、またご自身のタイミングで
参加することができるようにという想いを込めて、
単発参加もできる形で提供させていただいています。
2019年は皆様の関心に近いテーマや日常生活に繋がる身近なテーマでお届けする予定です。

また、本オンライン講座は、これまでCCCの講座に参加したことがある方の振り返りとして活用いただくのはもちろんのこと、まだ講座に参加したことがない方に「源から生きる」という世界観を体験をしていただくことも意図して設計しておりますので、
身近の大切な方にも是非本講座をご紹介いただけると幸いです。

皆様の声を聴きながら、皆様と一緒に作り上げていきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。

 

◆年内実施予定日
(1)2019/1/22(火)20:00〜22:30 ←終了
 〜人に甘えるの、苦手だなぁというあなたへ〜 第7回「甘えられないワケ」
(2)2019/2/14(木)20:00〜22:30 ←終了
 第8回 Giving(与える)(◆2回連続「お金の循環」シリーズ◆)
(3)2019/3/6(水)20:00〜22:30 ←終了
 第9回 Appreciate(受け取る)(◆2回連続「お金の循環」シリーズ◆)
(4)2019/5/9(木)20:00〜22:30←終了
 第10回 自立〜本質的な「自立」の意味とその生き方について
(5)2019/6/13(木)20:00〜22:30 ←今回
 第11回 行動中毒〜「やること・仕事」で日常が溢れているあなたへ〜
(6)2019/7/8(月)20:00〜22:30
第12回
(7)2019/8/19(月)20:00〜22:30
第13回
(8)2019/9/5(木)20:00〜22:30
第14回
(9)2019/10/8(火)20:00〜22:30
第15回
(10)2019/11/11(月)20:00〜22:30
第16回
(11)2019/12/10(火)20:00〜22:30
第17回

※内容・日程が変更になる場合もあります。

 

▼ファシリテーター
・由佐 美加子(Mikako Yusa)
合同会社CCC(Co-Creation Creators) パートナー
幼少期からヨーロッパ、アジア、米国で育ち、米国大学卒業後、国際基督教大学(ICU)修士課程を経て ㈱野村総合研究所入社。その後㈱リクルートに転職し、事業企画職を経て人事部に異動。次世代リーダーのあるべき姿を模索する中でMIT上級講師ピーター・センゲ氏が提唱する「学習する組織」と出会う。以降、ソーシャルテクノロジーと呼ばれる最先端の人と組織の覚醒と進化の手法を探求し続ける。2005年Appreciative Inquiry(AI)を生み出したデビッド・クーパライダー教授が教える米国ケースウェスタンリザーブ大学経営大学院で組織開発修士号を最高成績で修了。出産を経て2006年よりグローバル企業の人事部マネジャーとして人材・組織開発、新卒採用・育成を担う。2011年に独立、3年後に合同会社CCCを設立。いい・悪い、正しい・間違っているという二元的な世界観に立脚した生き方ではなく、すべてが”ただある”という内なる世界の受容と自己愛を源とした「全体性」から生きるための智慧や手法を生み出し、統合して個人や組織の覚醒と進化を様々な形で支援している。

オットー・シャーマー著「U理論」訳者

 

▼オーガナイザー
・やまもと みつひろ(Mitsuhiro Yamamoto)
大学在学中からブランド戦略のベンチャー企業への立ち上げ参画や
キャリア教育系NPO法人「NPOカタリバ」の活動に従事。
大学卒業後、カタリバの職員として勤務したのち、
人材紹介業、中国・上海に駐在しての広告代理業、複数の会社で人事として勤務。
関西にあるベンチャーのゲーム会社で人事のトップとして人事部門の立ち上げを行う。
2015年に「ひかりゆとりゆたか」という屋号を掲げ、フリーランスとして独立。
人事コンサルティングとしてスマホアプリのベンチャー企業で人事部門の立ち上げ、組織作りを行う傍ら、
ITコンサルティングとして個人事業主や小規模企業のホームページ制作やwebサポートを行う。
現在は、京都に拠点を移し、社会人・事業家向けの個人セッション・グループセッションを展開している。

Co-Creationファシリテーター養成講座 プロコース第4期 修了
国家資格キャリアコンサルタント
米国CCE Inc. 認定GCDF-Japanキャリアカウンセラー

 

【申し込み】
以下の“お申し込みフォームへ”をクリックし、Peatixの参加チケットを購入下さい。
(事前チケットサービス会社Peatixの特設ページへ移動します。)
※正式なお申し込みはPeatixでチケットを購入された時点で完了致します。
※申し込み時にご入力いただくメールアドレスに講座前の詳細、講座後の動画の共有などをさせていただきます。
メールが届かない場合は、まず迷惑メールフォルダに格納されていないか、ご確認いただき、
それでも見当たらない場合は、やまもとまでメッセージをください。
※事前チケット制度についてお困りの際は、ヘルプページをご覧ください。
※Facebookイベントページはこちら