自分を信じること(インス)

こんにちは。CCCパートナーのインスです。

突然ですが、「自分を信じること」ってできていますか?
言葉でいうのは簡単、でもとても難しい。
僕も自分を信じるまで、長い時間がかかりました。
そんな僕の体験を少し思い出して言葉にしてみました。
ぜひご覧ください。

 

「“どんな花をさかせるのか”を考えるのではなく、 あなたという花としてただただ咲いていきなさい」

欲しいものをイメージして、欲しいものを手に入れる行動をする。

だから、どんなに美しく崇高に描いても、常に、 描かれるビジョンは、 欠けていると感じるものを満たそうとする補うエネルギー。

振り返ると、これは遊びとしては面白いけど、 満たしては消える感情の不満解消ゲームのラットレース。 僕の真ん中が充たされない。そして、疲れる身体。

ふと気がついたら、 結局それを繰り返し続けている自分が見えてきて、 止まらない絶望感。

ああー、なんか苦しい苦しい苦しい……
ある日、ああああ!もう、自分の人生を信じて、 頭では良く分からないけどやってみたいことをやって、 行きたいところへ行こう。もう、疑うのやめたー 。

そう思えるある人との会話を体験した。

そんな時に、さっきの言葉の意味が腹にストンと落ちた。

そうか、僕は自分の人生を、疑っていたのか。ずっと、 人生を良くしよう良くしようとしていたけど、 それも僕には不要だったのか。

ただただ、咲けばいいんだ、そうじゃん!

 

それからの僕は、 僕の人生や人生にたち現れる体験に誇りを持つようになった。

誰かのリクエストに応える花を咲かせようとすることなく、 僕という花を堂々と咲かせることをするようになった。

気がついたら、 大いなるものとつながっている魂を感じるようになり、 満たそうとする人生から、充たされている人生にシフトした。
そして、気がついたら、同時に、 とてもとても大きな内なる戦いが終わっていた。

これが、僕がここまでの人生から学び、 人生から教えてもらった真理です。

これからも自分を信じて、さらなる冒険を進めてみようと思う。

そして、 あなたという花が堂々と咲いていることを心より願っています。

 

10348285_864806333583150_4454423545762136095_n金 仁殊(In-su KIM)
広告デザインの業界にて、若年時より販促企画・広告制作・企画実施のチームマネジメントで成果を出し、2003年販売会社へブランド・マネージャとしてヘッドハンティング。その後、メンタルの不調をきたし、それをきっかけに人間という生命のシステムを学び、探求することを深めていく。人が元気になる企業や社会を創りたい、との想いに至り、2008年より人材育成、組織開発の業界へ転身。
パーソナルコーチングやシステムコーチング、研修を織り交ぜながら、個々の強みをいち早く察知し、パフォーマンスにブレーキをかける個々人のメンタルモデルや集団の関係性に働きかけ、成果を出すためのチームや組織の活動を支援。人材育成コンサルティング会社の役員を経て、2014年より合同会社CCCにパートナーとして参画。
瞑想は2009年から生活に取り入れ、現在では毎日の日課とし、企業研修などでも実施している。

 

■メルマガでは、心に響く言葉をお届けします。この言葉で心動いた方、ぜひご登録くださいませ。
メールマガジンに登録する

■これまでの言葉はこちら
自分を愛するということ(むら)
迷ったときはゆっくりね(ゆさ)

■講座・イベント情報
CCCでは、コア講座である、Co-Creationファシリテーター養成講座と、気軽に体験を通して触れていただくきっかけとして様々なイベントを開催しています。是非気軽に足を運んでみて下さい。

イベント一覧はこちら