第三の道とは

私たちは今、大きな文明の過渡期にあります。環境問題や貧困や紛争、社会システムの破綻リスクなどはますます混迷を極めており、何らかの専門性や画期的な科学技術、政治家や類まれなリーダーが、ある日解決してくれるかもしれないという楽観性だけで将来の道筋を描くことはできません。

「第三の道」では、私たちが新しい時代を創り出していく上で「思い出す」べき、Knowingといわれる智慧や叡智にあたるものを自らの人生の中で体験を通して探求、実験、表現している方々をお招きします。講演という形ではなく、この場に参加していただく皆様と共に、場全体の相互作用と対話を通じて、これからの社会の在り方、それを創り出す私たち人間の生き方を探求していくことを目的に開催していきます。

この時代に生きる私たち一人ひとりのつながる集合意識が、これまでの人間の根源的な不安や恐れに駆り立てられたエゴに基づく欲の追求と常に定量的な拡大を追い続ける成長神話に基づいている限り、幸せな未来への道筋は見えてこないのではないでしょうか。

今こそ、私たち一人ひとりがこのある種の社会システムによって思考停止している、もしくは麻痺している意識や鵜呑みにしている思い込みや考え方に気づき、本来人間としてどう生きるのか、を一人ひとりが自分自身に問い、探求していく時だと考えます。私たち一人ひとりの中に今、軸を持つことが、これからの予想のつかない外的環境の変化の中できっと社会の原動力になると信じるからです。

これまでの物質的な豊かさ、成長を追い求める資本主義の競争社会の中で成功や勝つ事を目指して生きることが仮に第一の道とするならば、それを降りたいと思ったら主流となっている資本主義経済システムから離れて山奥で自給自足のような生き方をする第二の道しかないのでしょうか。この2つの道はどちらも外的環境に依存した生き方です。

しかし、本当は外側の環境を変えようとするから何かが変わるだけでなく、一人ひとりの内にある源となる心や意識の状態が外側の世界を創り出しているとしたら、私たちが探求すべき問いは、自分の生き方の根底にある思想や意識、精神なのかもしれません。

この第三の道というものがどんな道であるのか、何か合意されているわけではありませんし、誰かの理論が既にあるわけではありません。ただ、この道を見いだす上で、何か私たち人間が思い出すべき智慧や叡智があるように感じています。

今後の予定

次回の日程が決まり次第、こちらでご案内します。

過去の対談

第三の道_高橋実_後編photo1

【第三の道】男性性と女性性から紐解くこの時代の行方 高橋実(舞踏家・施術家)x 由佐美加子 – 後編 –

※前編はこちらから。 【女性の権威と男性の権力】   男性は、権威への興味がありますよね。(由佐) 女性のほうが「権威」は好きなんです。男性は、権威よりも権力。支配する力が欲しいんです。簡単な構図でいうと、天皇家が権威で […]

第三の道_高橋実_前編photo1

【第三の道】男性性と女性性から紐解くこの時代の行方 高橋実(舞踏家・施術家)x 由佐美加子 – 前編 –

昨今、「身体性」ということに関心が集まっている。瞑想やヨガが一般的になってきていることに象徴的なこの流れは、生命の原初的エネルギーに触れたいと切望する人々の願いの発露とも読み取れる。 14回目となる第三の道は、「男性性」 […]

00

【第三の道】「自分の給料は自分で決める!」自由な選択と主体性から生まれる共創の経営 武井浩三(ホラクラシー経営者) x 村中剛志

  不動産業界向けのWEBソリューションを提供しているダイヤモンドメディア株式会社。「給与をみんなで決める」「社長、役員を選挙で決める」など、これまでの企業の常識を超えたその経営手法が注目を集めている。従来のヒ […]

00

【第三の道】 本当の強みは単一性ではなく多様性 現代の「まれ人」が語る日本文化の特色 エヴァレット・ブラウン氏(写真家)× キム・インス

今回の「第三の道」は、アメリカ生まれの写真家、エヴァレット・ブラウン氏をゲストに迎えた。湿版光画(写真)という古典的技法で、日本の美を表現するエヴァレット氏。現代の「まれ人」が語る日本論は「女子高生にも連綿と引き継がれる […]

写真1 カバー写真

【第三の道】 闘争でも逃走でもない「第三の道」を非暴力のコミュニケーションで実現する ホルヘ・ルビオ(NVCトレーナー) x 由佐美加子

  グローバル資本主義一辺倒でもなく、山にこもる自給自足生活でもない、「第三の道」を探る対談。今回は、NVC(非暴力コミュニケーション)認定講師でコロンビア人のホルヘ・ルビオ氏と、CCCパートナーの由佐美加子が […]

Creatorのストーリー

詳しい情報はメールマガジンでもお伝えします。是非、ご登録ください。